石川県立伝統産業工芸館 2015年 10月 イベント

Posted on 2015年10月05日

石川県立伝統産業工芸館 館内

石川県立伝統産業工芸館 館内

企画展「茶の湯釜」展

期間:会期:2015年10月3日(土)~11月4日(水) 最終日は15:00まで
展示室:2F 第4展示室
作品数:9点

江戸時代から続く、加賀藩御用釜師・宮﨑寒雉の名を継ぐ14代目。
初代寒雉の作風を受け継ぎつつ、金沢の工房にて14代目ならではの作品を作り続けている
宮﨑寒雉さんの仕事を紹介します。
初代から当代(14代)までの主な作品9点を展示するとともに、
制作工程や御用釜師宮﨑寒雉家の歴史についても紹介します。

企画展「漆というスパイス」

会期:9月3日(木)〜11月4日(水)最終日は14:00まで
展示室:2F 第3展示室
作品数:70点

従来の漆のアクセサリーというと「重厚」或いは「凝った加飾」といったイメージがあるようで、若い世代の方々からは敬遠されがちのように思われます。今回の企画展では、そういった漆のアクセサリーが持っているイメージを変えて頂けるよう、もっと身近に、もっと普通に使ってもらえる様々な工夫を凝らした作品を提案しています。

展示作品は、フォーマルラインとカジュアルラインに分け、フォーマルラインでは、「漆+18K」、「漆+シルバー925」、「漆+プラチナ」、「漆+パール」の組み合わせによるネックレスなどのジュエリーを提案し、カジュアルラインでは、現代感覚・アート感覚いっぱいのピンやブローチなどをご覧頂きます。

新たな試みとして、手持ちのチェーンに付け替えができる漆のパーツを、また、漆のパーツをチェーン上で自由に動かすことができる作品を紹介する。これらはいずれも、漆の作り手やジュエリーメイカーの知恵を結集して制作した作品です。

この企画展で、新感覚の「使える」漆のジュエリーを実感して頂ければ幸いです。

<出展者>(敬称略、あいうえお順)
今井みのり、大野麗子、佐野絢子、芝山佳範、中村 真、引持玉緒、升井克宗、吉澤雅子

<協力>
小笠原美江、矢田耕一

企画展「工芸館 Reading Style 21世紀バージョン」

会期:10月1日(木)~12月9日(水)最終日は15:00まで
展示室:1F エントランスホール展示スペース
作品数:約103種類 約249点

今回の企画展では、「本を読む」をテーマに、日常生活で使ってもらえることを目指し、
様々な分野の作り手50人の方々に以下のような条件で作品を制作していただきました。

「本を読む」空間や「本を読むこと」そのものを快適にするのに役立つもの。
本の内容にリンクした物(例えば、料理本+器、植物の本+ガーデニング用品など)
特定の本の中で描写されているもの。(例えば、「鶴の恩返し」の中で鶴が織った布など)
作り手が観察力を発揮し、想像力を働かせることで、使い手がどのようなものを面白いと思い、
使ってみたいと思うのかを常に考えていく事が、
工芸品が日常生活の一部となる一助となると考えます。
そのため、本企画展では、「いつもの展示スペース」ではなく、居心地の良い、
そして面白い書店という空間の中で作品をお楽しみ頂きたいと思います。

どうか、工芸館のこの空間で工芸品と本との素敵な関係をゆったりとお楽しみ下さい。

<出展者>
礒 慶太郎(表具)、伊藤孝英(陶)、井上雅子(陶)、猪野屋牧子(ガラス)、伊比井宣明(陶)、伊比井万貴(陶)、今井みのり(鉄)、上田 葵(陶)、畝野知子(糸)、榎本千冬(竹)、奥田康夫(ガラス)、尾崎玲子(陶)、川合孝知(陶)、河上真琴(鉄)、北村沙希(染)、木下富雄(漆)、木村知幸(木)、小林亜弥香(染)、権野正人(革)、坂井貂聖(象嵌)、櫻谷藍太郎(陶)、さとうつかさ(木)、柴田有希佳(陶)、芝山佳範(漆)、清水一忠(木)、高橋裕道(家具)、武田朋己(陶)、中川理美子(陶)、長原久美子(繍)、中矢嘉貴(木)、布下翔碁(陶)、架谷庸子(陶)、濱田健慈(家具)、濱田泰史(友禅)、久恒俊治(友禅)、平田 悠(木)、ヒロネアヤコ(テキスタイル)、藤田紗代(ガラス)、船木大輔(陶)、本多絵美子(木)、宮越文美(繍)、宮越仁美(繍)、宮﨑岳志(染)、宮脇まゆみ(陶)、本江和美(竹)、森内瑞恵(友禅)、森本悦子(繍)、モンデンエミコ(テキスタイル)、山崎 隆(織)、山本 星(デザイン)、渡辺秀亮(石) 計51名

<協力>

併催プログラム
1.「ブック・トーク」

日時:10月31日(土)18:00~19:00
参加:無料
予約:事前に電話かメールでご予約下さい。
Tel:076-262-2020 / Eメール:info@ishikawa-densankan.jp

「ゼロからの金継ぎ入門」の著者・中村 真さんが自著を語ります。
金継ぎに興味のある方は必聴です!

2.「工芸館ビブリオバトル」

日時:11月14日(土)14:00~15:30
場所:工芸館1F セルフカフェ
テーマ:「つくる」
発表者:高校生以上6名 募集中!
参加申し込み:石川県立図書館(TEL: 076-223-9581 / FAX: 076-222-2531)
Email: library@pref.ishikawa.lg.jp
観覧 無料(先着30名・小学生以上)
主催 石川県立伝統産業工芸館、石川県立図書館
予約:予約は不要です。直接工芸館へお越し下さい

ビブリオバトルとは、京都大学の輪読会から始まった競技スタイルの書評発表会です。
発表者が5分間おすすめの本を紹介、3分間質疑応答を行い、参加者全員で「チャンプ本」を決定します。
発表者として、観覧者としてぜひご参加下さい。

伝統工芸士による実演・体験

詳細
1.10月18日(日) 九谷焼(実演)、組子(体験)
精緻な柄のコースターに挑戦(1000円)

2.10月24日(土)~25日(日)珠洲焼(実演・体験)  
ろくろ成形で腕やカップをつくる(2000円)

3.10月31日(土)~11月1日(日)竹細工(実演・体験)
竹かごを編む(2500円)

4.11月3日(火) 輪島塗(実演のみ)

 
時間はいずれも10:00~15:00、実演の見学のみは無料です。

          

「三味線っておもしろい」

これであなたも三味線通? やさしい解説を交えたコンサート

日時:10月19日(月)14:00~14:30
出演:藤田 幸夫
参加:無料
予約:申込不要

「さとうつかさの木工ワークショップ」

本企画展の出展者・さとうつかささんによる木工ワークショップを12月初めに行います。
詳細は決まり次第、工芸館HPにてお知らせします。

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報