石川県立伝統産業工芸館 2015年 3月 イベント

Posted on 2015年3月01日

石川県立伝統産業工芸館 館内

石川県立伝統産業工芸館 館内

工芸館交流展シリーズ「くまもと・竹の引力」

会期 2015年2月23日(月)- 3月30日 (月) 最終日は15:00まで
展示室 1F エントランスホール展示スペース
作品数 57点

この企画展は、熊本県伝統工芸館との交流展シリーズ第1弾として熊本の竹工芸に焦点を当て、日本の生活の中で長く素材として多岐にわたって利用されてきた竹の様々なアイテムを紹介します。
昔から竹は生活の中で使われる様々な道具や日用品を作る材料として利用されてきましたが、生活様式の変化により作られるアイテムも大きく変化してきています。本企画展では、そんな変化を竹工芸の作品を通して見て・考えていただく事を意図しています。
会場を「今ではほとんど見ることがなくなってしまった生活に根ざした道具」ゾーンと「現代の生活様式にあった竹のアイテム」ゾーンの2つに分け、様々な道具・作品を紹介します。綿々と続く竹の道具作りの歴史の中で、使いやすく暮らしに役立つ生活の道具ではあるけれども、作り手が常にデザイン性を意識してきたことも見て取れる展示になっています。

<出展者>
熊本県伝統工芸館収蔵品の他、宮﨑珠太郎、窪地成俊、松下明弘、山田庸介の各氏の作品を紹介します。
◆併催プログラム
本企画展に協力して頂いている竹工芸家のGENさんが教えてくれるワークショップです。昔から様々な道具の材料として活用されてきた竹を使って、竹のかざぐるまを作ってみましょう。金沢表具でアクセントをつけて完成です!

「竹 + 金沢表具で作るかざぐるま」コラボ・ワークショップ

日時:3月28日(土)13:00-15:00
場所:工芸館1F
講師:GENさん
制作物:かざぐるま(長さ約25cm、風車の直径約12cm)
定員:10名(10組)
料金:¥1,000
参加:10才以下の方は大人の方と一緒にご参加下さい。
予約:電話かメールにて事前にお申込み下さい。

竹ひごを編み、そして組み、風車の形にしていきます。お好きな金沢表具の和紙を張り、仕上げます。

お問い合わせ及び申込先
石川県立伝統産業工芸館 TEL:076-262-2020
Eメール:info@ishikawa-densankan.jp

企画展「2015・春・ここに咲く花」

会期:2015年2月23日(月)-4月1日 (水) 最終日は15:00まで
展示室:2F 第3展示室
作品数:36点

陶芸作家・宇賀和子さんの作品の中から”hana” シリーズの作品を紹介する企画展です。

このシリーズの作品には、春に相応しいたくさんの花々と、その花の傍らでお茶を楽しむのにぴったりのポットやカップの数々があり、見ているだけで楽しい気持ちになれるまさに「春」を感じさせる企画展です。日々の暮らしの中でほっとする時間を演出してくれる春らしい作品をぜひご覧下さい。

◆併催プログラム
本企画展の終点作家・宇賀和子さんによる企画展が会期中に開催されます。詳細は確定し次第、工芸館HPにてご案内致します。

企画展「ここから未来へ」

会期:2015年2月23日(月)-4月5日(日)
展示室:2F 第4展示室
作品数:約70点

石川県挽物轆轤技術研修所は、日本で唯一の挽物轆轤の技術を専門的に学べる研修施設です。木地師の高齢化が進む一方で後継者の育成が思うに任せない現状において、この施設が果たしている役割は大変大きいと言えましょう。本企画展では、1997年の設立以降、73名の卒業生を輩出したこの研修所について広く知ってもらうとともに、この研修所の卒業生の現在の活動を紹介します。
全卒業生のおよそ三分の一にあたる20名の作品とそれぞれの制作にかける思いを紹介すると同時に、研修所や研修生について理解を深めて頂くために、「一目でわかるカリキュラム」や研修生についての様々なデータもご覧いただきます。
この企画展を通じて、漆器産業の将来を担う人材を育てている日本で唯一の挽物轆轤の研修所とそこを巣立った若手職人/作家の活動への理解をぜひ深めて下さい。

<出展者>(アイウエオ順)
井筒佳幸、任 性珍、岩本匡史、大石祐子、大藏豊彦、奥の麻衣子、木下富雄、佐藤勇士、佐竹巧成、生地史子、高月国光、玉井智昭、蝶野秀紀、辻 正堯、名古路英介、蜂谷友季子、濱田幸介、本間健司、松本由衣、山田真子

2015工芸館クラフトスクール・開講! 受講者募集中

北陸の冬にもようやく出口が見え、梅の花も咲き始め、頭や手を動かすには最適な季節到来です。今年も工芸館でじっくりと「ものづくり」に取り組んでみませんか。
石川県立伝統産業工芸館では、『もっと本格的に伝統工芸の技に触れたい』、『伝統工芸の技に挑戦してみたい』という声にお応えすべく、2015年3月・4月、高い技術を持つ伝統工芸士や職人の方々に協力していただき、「工芸館クラフトスクール」を開校します。第4回目となる今回は、昨年よりスケールアップしたプログラムを提供いたします。
「工芸館クラフトスクール」は、簡単にできる体験ではなく、腰を据えて本格的に伝統の技に挑戦して頂くプログラムです。

★ 伝統工芸の技を自分で体験できる絶好の機会です。
★ ちょっぴり難しいかもしれません。
★ いちからすべて自分でして頂きます。
★ 定員があります。
★ 高い技術を持つ職人さん・伝統工芸士さんが講師です。
★ 少人数で徹底指導いたします。
★ すべて事前予約が必要です。メールか電話でご予約下さい。

2015・プログラム予定
A【加賀繍・小箱作り】3月11日・18日10:00-16:00 6,200円/2回(講師:長原久美子/米山洋子)
B【加賀水引・兜作り】3月14日・28日、4月4日・18日12:00-16:00 4,700円/4回(講師:長田公美子)
C【竹工芸・茶籠作り】3月29日・4月5日10:00-15:00 10,200/2回(講師:本江和美)
D【加賀象嵌の技法を学ぶ-その2-】3月29日・4月5日10:00-17:00 13,200/4回(講師:坂井貂聖/坂井天心)
E【金沢表具】詳細検討中 ※決まり次第、工芸館HPでご案内します。

お問い合わせ及び申込先

石川県立伝統産業工芸館 TEL:076-262-2020
メール:info@ishikawa-densankan.jp

工芸館 x 金沢仏壇 プロジェクト

2013年4月からスタートするこのプロジェクトは、「自分仕様の金沢仏壇を自分の手で作ってもらう」という究極の体験プログラムです。もちろん参加者がすべてを自分一人で作れるわけではありませんが、金沢仏壇の7工程をそれぞれの職人さんから教えてもらい、体験しつつ職人さんと一緒にMy仏壇を完成させるという内容です。

東京や大阪など、全国から金沢にお越しいただき、本格的なモノづくりに挑戦していただくことを目指しています。ぜひ自分で仏壇を作ってみたいという方の挑戦をお待ちしています!

「工芸館 x 金沢仏壇 プロジェクト」の概略
■プロジェクトタイトル:「作ってみまっし!My仏壇」■コンセプト:

  1. 「自分の希望にそったオリジナル仏壇を作りたい」という想いを伝統工芸士が制作を指導し、手伝うことで形にするという究極の体験プログラムを提供。
  2. 仏壇制作に用いられている伝統工芸技術への理解を、実践を通して深めていただく。
  3. 最低でも半日は各工程の体験をしていただく。

■参加者:

  1. それぞれの工程作業を理解し、意欲的に取り組みたいと思っている方なら、年齢や性別に制限はありません。
  2. 希望者は最初に工芸士によるコンサルテーションを受け、そこで双方が合意に達した場合にのみ、この体験プログラムに参加していただく。
  3. 全行程を短期間で体験することはできないので、金沢へは数回来ていただくことになる。

■費用:作るものや材料によって、金額は変わるため、参加者の要望を聞きながらコンサルテーション時に価格提示をする。価格は、加飾なしの小型のもので5万円から、7工程をすべて入れたシンプルなもので20万円~で、この料金には、材料費、工芸士による指導料、工芸士の行う作業料金が含まれています。交通費、宿泊費など、滞在に必要な個人経費は含まれません。

お問い合わせ及び申込先
石川県立伝統産業工芸館 TEL: 076-262-2020
「作ってみまっし!My仏壇」事務局 FAX: 076−291ー3202

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報