金沢ふるさと偉人館 2015年 10月 イベント

Posted on 2015年10月05日

金沢ふるさと偉人館 内部

金沢ふるさと偉人館 内部

企画展「和算から西洋数学へ 関口開」

期間:9月19日(土)~11月29日(日)
開館時間:午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
入場料:(一般:300円、団体 250円、65歳以上:200円、高校生以下:無料)
会場:金沢ふるさと偉人館 1階/企画展示室

明治5(1872)年、学制が発布され、小学校では「和算」ではなく「洋算=西洋数学」がおしえられることになりました。このような中、『新撰数学』など西洋数学の問題集などを著し、西洋数学の研究、教育に尽力した関口開の企画展を開催します。
関口は当初「和算」を学び、免許皆伝となりましたが、新しい「西洋数学」を知り、独力で学びました。当時は教科書などなかったため、洋書を翻訳し『数学稽古本』を出版します。さらに度量衡(重さや長さの基本単位)や貨幣制度を日本のそれに改めた『新撰数学』は当時の大ベストセラーになりました。
関口の弟子たちは東京大学で学んだものも多く、同大に数学科が設立された明治14年から明治29年までの卒業生のうち、7名が石川県出身です。
今回の企画展では、加賀藩における「和算」の伝統とともに、関口開の生涯と業績、さらに関口の弟子たちの系譜について紹介します。

ギャラリートーク「和算から西洋数学へ 関口開」

期間:2015年10月3日(土)、2015年10月17日(土) 14:00~15:00
講師 増山仁(当館学芸員)
会場 金沢ふるさと偉人館 企画展示室
参加費 入館料(一般:300円、65歳以上:200円、高校生以下:無料)
申込 申込不要

 

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here
Powered by