石川県立美術館 2015年 1月 イベント

Posted on 2015年1月07日

開放的な空間の喫茶 「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュKANAZAWA」

開放的な空間の喫茶 「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュKANAZAWA」

当館企画展示室

高山右近没後400年記念 高山右近とその時代

期間:1月4日(日)~2月8日(日)
場所:第7・8・9展示室

戦国から江戸時代初期にかけ武将として、また利休高弟の茶人、そして代表的なキリシタン大名として歴史に名を残す高山右近の没後400年を記念した展覧会です。

高山右近(天文21年/1552~慶長20年/1615)は、摂津国(現、大阪府)生まれ。右近は、はじめ信長の軍下にあり、1573年に高槻城主となりますが、本能寺の変以降は秀吉の膝下にて活躍、明石城主へと転身します。1587年にバテレン追放令を出した秀吉は右近に棄教を迫りますが拒否した右近は領地召し上げとなります。翌年、前田利家より金沢に招かれて以降、1613年、江戸幕府によるキリスト教禁教と翌年のキリシタン国外追放によってマニラに去るまでの間、右近は金沢城修築、高岡城の築城や茶の湯の普及に手腕を発揮しました。

展示では、右近の遺品をはじめ右近が生きた桃山時代の南蛮美術、茶道美術、キリシタン遺物など約100点を紹介します。

主な展示作品
重文 南蛮屏風 南蛮文化館蔵
重文 南蛮屏風 大坂城天守閣蔵
織部南蛮人燭台 サントリー美術館蔵
救世主画像 東京大学総合図書館蔵
茶杓 銘「御坊へ」 高山右近 作 滴翠美術館蔵
伝・高山右近所用チョッキ
カトリック大阪大司教区蔵
草花蒔絵聖母子画像入聖龕 南蛮文化館蔵

観覧料
一般1,000円(800円)、大学生600円(500円)、小中高生300円(200円) ※()内は20名以上の団体料金

企画展関連イベント

ミュージアム・コンサート「平井み帆チェンバロ・リサイタル」

日時:1月12日(月祝) 13:30~
場所:石川県立美術館ホール

事前申し込み済みの方のみの事業です。

演奏
平井み帆(チェンバロ、トーク)

ギャラリートーク

日時:1月4日、1月11日、1月18日、1月25日、2月1日、2月8日 各日曜日 11:00~
場所:本館企画展示室
要観覧料・申込不要

当館学芸員による展示解説(ギャラリートーク)を行います。

コレクション展示(1月4日(日)~2月8日(日)

新春を寿ぐ

場所:前田育徳会尊經閣文庫分館

前田育徳会所蔵品の内、茶道具をはじめ新春に相応しい優品を展示します。

特集「新春を寿ぐ – 茶道美術を中心に -」

場所:第2展示室

前田家伝来の茶道具をはじめ、新春に相応しい優品を展示します。

特集「墨の美 〔書〕」

場所:第3展示室

館蔵品を中心に、近代書の優品をご覧いただきます。

特集「香をかざる・茶をたのしむ」

場所:第5展示室

近現代工芸作品のうち,香道と茶道に係る作品の特集です。

新春優品選 -絵画・彫刻-

場所:第4・6展示室

館蔵品を中心に、日本画・洋画・彫刻の優品をご覧いただきます。

2階コレクション展示室では、以下の展示も開催しています。

  • 国宝 色絵雉香炉 野々村仁清作 江戸時代 17世紀
    重要文化財 色絵雌雉香炉 野々村仁清作 江戸時代 17世紀
    場所:第1展示室

コレクション展示 観覧料 一般 360円(290円) 大学生 290円(230円)
高中小生 無料
※( )内は20名以上の団体料金・65歳以上の方は個人でも団体料金

毎月第1月曜日は、コレクション展示の観覧無料
1月は5日(月)です。

休館日
年末年始の全館休館は平成26年12月24日(水)から平成27年1月3日(土)まで、展示部門が休館いたします。

普及事業

百万石の文化講座

場所:石川県立美術館ホール
聴講無料、申込不要

第1講 9月21日(土) 13:30~
「金沢城二の丸御殿について」
講師:日本建築史学者 東京工業大学名誉教授 東京工業大学名誉教授 平井 聖(きよし)氏

第2講 10月11日(日) 13:30~
「最後の藩主 慶寧(よしやす)と側室筆(ふで)の出会い」
講師:元石川県立歴史博物館長 石川県観光スペシャルガイド 徳田 寿秋氏

第3講 平成27年1月25日(土) 13:30~
「高山右近と藩老横家の交わり」
講師:石川県金沢場調査研究所所長 木越 隆三氏

キッズ☆プログラム
「茶道具あれこれ -はじめての竹工芸-」

日時:1月25日(日)(1)10:00~、(2)13:30~、(3)15:30~(各回2時間)
場所:石川県立美館講義室
講師:本江 和美 氏(竹工芸作家)
参加費:親子1組、1,300円(材料費、菓子代・抹茶代)
対象:4年生以上の小学生と保護者(3回とも4組、8人まで)

特集「新春を寿ぐ -茶道美術を中心に-」と「香をかざる・茶をたのしむ」の展示で茶道具をワークシートを使って鑑賞後、竹工芸作家の指導により「はじめての竹工芸」と題し、菓子切りの制作体験を行う。完成後は、制作した菓子切りでお菓子と抹茶をいただくお楽しみあり。

申 込
往復葉書で事前申し込み ※(1月13日必着、第2希望まで明記、応募多数の場合抽選)
往信表(宛名)面 :〒920-0963 石川県金沢市出羽町2-1
石川県立美術館キッズ☆プログラム係行
往信裏( 文 )面 :参加希望の小学生の氏名・学年・住所・連絡先と保護者氏名
及び(1)~(3)の内、参加をご希望する時間、第2希望までを明記のこと
復信表面 :参加希望の小学生の〒番号・住所・氏名
復信裏面 :抽選結果等お知らせしますので、何も書かないで下さい

土曜講座

場所:石川県立美術館講義室
聴講無料、申込不要

1月10日(土) 13:30~
「高山右近とその時代 I -ザビエルの布教がもたらしたもの-」 学芸第一課担当課長 村瀬 博春

1月17日(土) 13:30~
「高山右近とその時代 II -花開く南蛮文化-」 学芸第一課担当課長 村瀬 博春

1月24日(土) 13:30~
「前田家と利休七哲」 学芸第二課長 高嶋 清栄

1月31日(土) 13:30~
「高山右近とその時代 III -キリスト教信仰のゆくえ-」 学芸第一課担当課長 村瀬 博春

映像ギャラリー

場所:石川県立美術館ホール
入場:無料

1月4日(日) 13:30~
(1)「日本の美 6 草のこころ -真・行・草より-」(29分)
(2)「極める 匠の世界 今に生きる・手漉きの和紙 石州半紙技術者会」(30分)

1月18日(日) 13:30~
(1)「日本美術史 5-2 南蛮美術」(24分)
(2)「世界・美の旅 ベラスケス ~素顔の宮廷画家~」(30分)

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here
Powered by