石川県立美術館 2017年7月イベント

Posted on 2017年6月07日

イベント・行事名

特別陳列「前田家の名宝 Ⅰ」(まえだけのめいほう 1)

会期
平成29年7月13日(木)~8月27日(日)

詳細
 加賀藩主前田家第三代利常と、同五代藩主綱紀が収集した、歴史、古記録を中心に育徳会の所蔵優品を紹介します。
 展示では、国宝「万葉集(金沢万葉)」と、重要文化財「馬郎婦観音図」などを展示します。
イベント・行事名

特別陳列「北陸ゆかりの画聖 Ⅰ」(ほくりくゆかりのがせい 1)

会期
平成29年7月13日(木)~8月27日(日)
詳細
 加賀・能登にゆかりのある、長谷川等伯、久隅守景、岸駒などの作家を含め、北陸地方で活躍した画人の作品を紹介します。

イベント・行事名

特集「石川のやきもの 青と赤」(いしかわのやきもの あおとあか)

会期
平成29年6月1日(木)~7月9日(日)
詳細
 江戸時代前期に始まる古九谷の青手・色絵の展開は、その後、石川の地におけるやきものの方向性を決し、以降、五彩をはじめ金彩、赤絵等の華やかな色彩世界が展開したほか、染付や茶陶の発展等々もあわせ多彩な様相を示しながら今日に続いています。
 展示では、石川のやきものにおける青色と赤色で表された文様・景物の作品にスポットを当て、その多様な展開を眺めます。

イベント・行事名

特集 「夏休み親子で楽しむ美術館 アートdeまんぷく」

会期
平成29年7月13(木)~8月27日(日)
詳細
 夏休み、親子で楽しく美術鑑賞を行う恒例の展示です。
今回は“食べ物”をテーマに、「食卓の風景」・「食材 姿・色・かたち」・「うつわ」・「食事の風景」等々の構成で、食をモチーフとした作品や、広く食に関わる、日本画、洋画、彫刻、工芸作品を鑑賞いただき、親子で食育について語り合っていただくものです。

イベント・行事名

特集「脇田和 -かくれんぼ-」(わきたかず -かくれんぼ-)

会期
平成29年7月13日(木)~8月27日(日)
詳細
 脇田和は我が国近現代洋画壇を代表する洋画家の1人で、昨年、当館に317点に及ぶ脇田和の油彩画、版画、素描作品が寄贈されたことを受け当館では、定期的に脇田和の作品を公開し、広く脇田芸術の発信を行っています。
 温かみのある色面と、独自のデフォルメした鳥や人物との融合・構成による詩情溢れる世界を展開する脇田の作品をお楽しみください。

 なお6月7日(水)から10月28日(土)の間、(一財)脇田美術館(長野県北佐久郡軽井沢町)主催「脇田和 展 鳥と慈しむものたち」に付、同期間に限り、同館観覧券半券持参者と、石川県立美術館の観覧券半券及び本館優待券持参の観覧者については、相互の館の観覧料団体割引を行っています。

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報