金沢市立安江金箔工芸館 2016年11月イベント

Posted on 2016年10月14日

イベント・行事名

特別展「金沢の現代工芸最前線」

会期
2016年10月7日(金)~11月27日(日)

詳細
特別展「金沢の現代工芸最前線」
 石川・金沢の地において美術・工芸が現在のように盛んな要因として、江戸時代における加賀藩の積極的な文化事業の推進があったことは多くの日本人が知るところであります。
 その流れは明治維新以後、石川県、金沢市などの自治体が引き継ぎ、手厚く保護、育成してきたことにより、今日にいたるまで多くの作家を輩出し、優れた美術・工芸作品が多数生み出されてきました。
 金沢市が2009年にクラフト分野でユネスコ創造都市に認定されたことは、数百年にわたって培われてきたこれら文化的な歴史、理念、技術などが世界的な評価に値する事を示しています。
 現在、金沢では江戸時代から継承されてきた伝統技術を基盤としながら新しい表現方法を探求する作家が多く活躍しています。
 今回の展示では金工、漆芸、ガラスなどの分野から、金沢を拠点として世界に向けて精力的に創作活動を続ける作家を紹介します。

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報