金沢市立安江金箔工芸館

Posted on 2016年12月11日

イベント・行事名

冬季所蔵作品展「新年の祝い事」

会期
2016年12月4日(日)~2017年3月12日(日)

詳細
新年の祝い事
 美しい四季に彩られた日本は、豊かな自然に恵まれその季節に応じたさまざまな生活習慣とともに文化を育んできた。
 日本人は衣・食・住のすべてにおいて自然を受け入れ、季節ごとの変化に富んだ生活を楽しみ、詩歌に自然を詠んだ。
 日本の冬は厳しい寒さをしのぎながら春を待つと同時に新しい年を迎える区切りとなる重要な時期である。
 正月、節分、桃の節句といった現在も続く年中行事も冬におこなわれ、人々は冬を迎えることにより、ゆく年を振り返りながら新年に祈りを込めてきた。
 今回の展示では、約300点の所蔵作品の中から、近世から現代の冬季に使用された絵画、陶磁、漆芸、染織などの美術工芸作品を展示し、四季を愛し、生活や文化の中に自然を取り入れた往時の日本人に思いを馳せるものである。

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報