中村記念美術館 2015年 8月 イベント

Posted on 2015年7月31日

金沢市立中村記念美術館

金沢市立中村記念美術館

企画展「器の楽しみ」

期間:平成27年6月6日(土)~8月30日(日)
開館時間:9:30〜17:00(受付は午後16:30まで)
休館日:開催期間中無休
入館料:個人一般300円、団体一般(20人〜)250円、65歳以上200円、小・中学・高校生 無料

見て美しく使って楽しい、食器・菓子器・酒器等約60点を展示します。食器は加賀蒔絵の重箱・椀・膳・盆や、伊万里、乾山、仁清、古九谷、明の色絵、藍和蘭陀の鉢・向付・皿など、酒器は古九谷の徳利、加賀蒔絵の盃と盃台など、菓子器は高麗青磁、日本の近現代の漆器、木竹工などと多彩です。展示とあわせて、これらの作品が実際に料理や菓子を載せた器として使われる姿を、大判写真20点によりご覧ください。

また展覧会会期中は石川県内の若手作家による個性あふれる器や小品を、特設販売コーナーにてお求めいただけます。
「見る」「使う」「集める」という3つの視点から、器をお楽しみください。

うつわの販売会

日時:平成27年6月6日(土)〜8月30日(日) 展覧会期間に同じ
開催時間:9:30〜17:00

美術館1階特設販売コーナーにて、県内在住の作家が制作した個性あふれる陶磁や漆芸などの皿、椀、カップ等を販売します。

金沢ナイトミュージアム2015

金沢ナイトミュージアム2015 夜間開館のお知らせ

日時:平成27年7月31日(金)

21時まで開館いたします。(入館は20時30分まで)

山鬼文庫企画 茶会
TIME OUT (タイムアウト) in 耕雲庵

日時:8月29日(土)16:00~22:00(各回30分、8回予定)
受付は15分前
会場:中村記念美術館
定員:各回3名
参加費:1,000円

アートな趣向で楽しむ現代茶会です。 アーティスト:マーガレットウィブマー(オランダ) 茶:小堀 芙由子(東京)

お申し込み
山鬼文庫 TEL.076-254-6596

講演「私の生い立ちと中村記念美術館のあゆみ」

日時:平成27年8月20日(木) 14時~15時30分
会場:石川県立図書館県民交流室
料金:無料
定員:80名(定員に達し次第締切)

 当館は昭和41(1966)年の財団法人中村記念館の開館から数えて今年で49年となります。この間、現館長の藪下宏は学芸員また館長として30年以上の長きにわたって、あまたの展示や企画に携わり美術館の運営に尽力し、館とともに歴史を刻んで参りました。開館50周年を目前に控えた当館のこれまでのあゆみを、自身の生い立ちや金沢という街の変遷とともに館長が語ります。本講演は年間をとおして3回シリーズを予定しています。今回は第1回、館長の生い立ちについてのお話です。

講  師
当館々長 藪下 宏

申込み
ハガキに氏名、電話、住所、参加される人数を記入して当館宛に。電話での申し込みも可。
先着順。定員に達し次第、締切いたします。
メールでのお申し込みも出来ます。nakamura_muse@city.kanazawa.ishikawa.jpまで。

友の会のご案内

中村記念美術館友の会は、平成2年4月に発足以来、のべ16,000人の方にご入会いただいてまいりました。多彩な行事の開催や文集の発刊など活発な活動が好評いただいております。会員は北陸三県を中心に新潟、兵庫、千葉、神奈川、福島など遠方の方もおられます。より多くの皆様のご入会をお待ちしております。また、会員の皆様からは友の会へのご意見やご提案をお聞かせいただければ幸いです。

E-mail:nakamura_muse@city.kanazawa.ishikawa.jp

会員数:567人(平成26年度)
会員の期間:4月1日~翌年3月31日 (半期・9月1日~3月31日)
年会費:1,200円 (半期・600円)

入会方法
(1) 美術館受付で申込書をご記入ください。
(2) お近くの郵便局で「振込書」によりご送金ください。
(口座番号00760-3-6128)
詳しくは中村記念美術館(076-221-0751)までお問合せください。

会員の特典
(1) 会員証のご提示により年6回中村記念美術館に入館できます。
(2) 年4回「友の会だより」で館および友の会の行事をお知らせします。
(3) 年1回「美術館だより」、年1回「友の会文集」をお送りします。

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報