中村記念美術館 2016年 2月 イベント

Posted on 2016年1月04日

タイトル

企画展「伝統工芸の技法」

会期
2015年12月6日(日)~2016年2月28日(日)

詳細
 陶芸・漆芸・金工・友禅等42種の工芸技法を71点の作品により紹介

 長い歴史の中で受け継がれてきた伝統工芸。完成された作品には、私達の想像を超える作者の長時間の労力と、高度な技術が込められています。作品を目にする時、その美しさに感動を覚えますが、制作の過程で用いられている技法を知ることで作品への理解がさらに深まり、鑑賞における感動も新たになるでしょう。
 今回の展示では、陶芸(青磁、白磁、染付、色絵、金彩ほか)、漆芸(蒔絵、沈金、平文、卵殻、彫漆、漆絵、青貝ほか)、金工(鋳金、鍛金、彫金、象嵌ほか)、木竹工(指物、刳物、挽物、木象嵌、編組ほか)、友禅、人形など、42種の工芸技法を73点の作品により紹介します。奥深い伝統工芸の世界をお楽しみ下さい。

企画展「伝統工芸の技法」チラシを見る(PDF)

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here
Powered by