徳田秋聲記念館 2016年 7月 イベント

Posted on 2016年6月01日

タイトル

企画展「秋聲似顔絵展」

会期
平成28年3月26日(土)~7月18日(月・祝)

詳細
似顔絵展チラシ
 徳田秋聲という小説家を想像するとき、どんな姿が浮かぶでしょうか?髭があったりなかったり、眼鏡があったりなかったり、和装であったり洋装であったり…。作家らしいお顔立ちではあるけれど、パブリックイメージのどうにも固定しにくい秋聲の容貌を、一流の画家たちはどう描いたか。
 この展示では、名だたる画家による秋聲の肖像画を集めました。

【休館日】
6月7日(火)、7月19日(火)~ 7月23日(土)

〇学芸員による展示解説 【お申込み不要】
 6月4日(土)、7月2日(土)

※各日ともに1日2回 ①11時~ ②14時~(各回約40分)

イベント・行事名

企画展「康成、秋聲を読む。」

会期
7月24日(日)~10月29日(土)
詳細
 作家・川端康成は文壇の先進たる秋聲を敬愛し、その作品の良き読者でもありました。康成の評は、彼の生きて来た年月よりも尚長いという秋聲の作家生活を時に支え、両者亡き現在にも多大な影響力をもって秋聲文学に寄り添っています。
 この展示では二人の作家の文学的交流についてご紹介します。

【休館日】7月19日(火)~7月23日(土)

〇学芸員による展示解説 【お申込み不要】
 7月24日(日)、8月6日(土)、9月3日(土)、10月1日(土)

※各日ともに1日2回 ①11時~ ②14時~(各回約40分程度)

イベント・行事名

トークイベント「黴を語る」

日時
7月29日(金)18時~20時(開場17時30分)
詳細
 秋聲の出世作として知られる小説『黴(かび)』。作品内に重要な位置を占める「黴」という生物の実態について、専門家が科学的見地から解説します。

【出演】森川千春(NPO法人DGC基礎研究所・理事)
    梶青華・小林仁美((一財)石川県文化財保存修復協会)
【参加費】入館料のみ
【定員】30名
【申込】電話にて申込み(徳田秋聲記念館 076-251-4300)

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報