徳田秋聲記念館 2015年 4月 イベント

Posted on 2015年4月01日

徳田秋聲

徳田秋聲

桜の季節のおもてなし

日時:4月12日(日)13時~16時(受付は15時まで)
場所:2階 文学サロン
定員:100名
協力:茶道裏千家、井奈宗孝社中、米沢茶店、吉はし
費用:入館料+茶菓代200円
申込:電話(076-251-4300)

浅野川沿いの桜並木を眺めながら、お抹茶と生菓子をご賞味ください。
立札席で特別なお作法は不要です。

連続講座 第1回「黴」

日時:4月18日(土)14時~16時
場所:2階 文学サロン
定員:定員40名程度
協力:茶道裏千家、井奈宗孝社中、米沢茶店、吉はし
費用:入館料(一般300円、65歳以上200円、高校生以下無料)
申込:電話(076-251-4300)

開催中の企画展「日本の自然主義文学展」に関連した連続講座を開催します。(全3回)
・5月30日(土) 第2回「破戒」/講師:下山孃子(大東文化大学教授)
・7月5日(日)  第3回「蒲団」/講師:梅澤亜由美(大正大学准教授)

開館10周年記念
日本の自然主義文学展
第一期/徳田秋聲「黴」

日時:2015年3月7日(土) ~ 2015年4月26日(日)

島崎藤村「破戒」(明治39年)、田山花袋「蒲団」(明治40年)、徳田秋聲「黴」(明治44年)―明治40年前後、〝日本の自然主義文学〟なるものを世に知らしめた三篇です。
あらゆる虚飾を排し、ありのままを描くこと――自然主義の名のもと、まるで自らの皮を剥ぐかのような小説を書くことを選んだ彼らの目指したものは何なのか。その作品の魅力とは?
この展示では、自然主義文学の嚆矢ともいうべきかの三篇を、三期にわたって順にご紹介します。

開館10周年記念
日本の自然主義文学展
第二期/島崎藤村「破戒」

日時:2015年4月29日(水・祝)~ 2015年6月14日(日)

※展示替え休館:2015年4月27日(月)・28日(火)

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報