金沢湯涌夢二館 2016年 6月 イベント

Posted on 2016年4月26日

イベント・行事名

金沢湯涌夢二館コレクション展「夢二の自然憧憬」(仮称)

会期
平成28年6月18日(土)~9月19日(月・祝)
※6月13日(月)~6月17日(金)は休館

詳細
 竹久夢二(1884-1934)は、流行に敏感なシティボーイですが、岡山県邑久群の村に生まれ、晩年まで自然に対する畏敬の念を抱き続けました。何度か富士山に登り、榛名山に「榛名山美術研究所」と称する小屋を建て、自然の風物に心を癒しました。また、恋人・笠井彦乃を「山」、自らを「川」と呼んで秘密の手紙の交換をし、大正中期から「愁人山行」の印を用いました。
自然を対象とした作風は、明治後期における印象派風の水彩画から、大正初期における荒いタッチの木版画、そして大正中期以降はデザイン的な表現や水墨による文人画風などと広がってゆきます。
自然を愛する心から生み出された作品や自然に対する思いが感じられる資料をお楽しみください。
イベント・行事名

金沢湯涌夢二館 ギャラリートーク

会期
平成28年6月19日(日) 14:00~14:40
詳細
学芸員が展示の見どころを解説します。

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here
Powered by