金沢湯涌夢二館 2017年2月イベント

Posted on 2017年1月04日

イベント・行事名

竹久夢二の「小美術」―絵葉書・版画・生活デザイン―

日時
平成28年12月7日(水)~平成29年2月6日(月)(前期)
平成29年2月10日(金)~平成29年4月9日(日)(後期)
(平成29年2月7日~2月9日は展示替え休館)

詳細
竹久夢二(1884-1934)は、市井の人びとの気持ちによりそいながら創作活動に励みました。壁に掛ける油彩画や床の間に飾る日本画のように、鑑賞用の高価な作品だけではなく、絵葉書や版画など身近な美術品、そして千代紙、手拭い、刺繍半襟や帯などのデザインを手がけています。夢二は、自身の趣味で彩られた日用使いの品々を、ひとびとが家庭で使用することで、心豊かに生活できることを願いました。
明治末期には絵葉書ブームが広まり、一部の特権階級だけではなく庶民も美術を楽しめる時代が到来しました。当時の美術界でもまた、油彩画や日本画などの純粋美術に携わる芸術家が趣味的に版画や日用品を制作することが流行し、それらは「小美術」として美術雑誌に特集されました。その流行は短命に終わりましたが、美術界と庶民の生活を結んだ新たな風潮として特筆すべきものでした。
この度の展覧会では、中右瑛氏の寄託品と当館所蔵品から、夢二の「小美術品」を中心に展示します。時代を超えてなお魅力的な夢二のデザイン感覚あふれる作品をお楽しみください。

※2月10日(金)より後期展が始まります。
なお、2月7日(火)~9日(木)まで展示替えのため休館します。

イベント・行事名

ギャラリートーク

会期
平成29年2月12日(日)14時~(40分程度)
詳細
当館の館長、もしくは学芸員が展示の見どころを解説します。

■文化施設公式ホームページへ

LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here
Powered by