logo Loading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

金沢能楽美術館 イベント

イベント・行事名
企画展「KANAZAWA NOH MUSEUM COLLECTION 2021」
会期
会期:令和3年2月13日(土)~8月29日(日)(予定)
※会期中展示替えを行います。
休館日:毎週月曜日(但し、祝日の場合は翌平日)、展示替期間 開催中
詳細
江戸時代、加賀百万石の前田家により高度な武家文化が花開いた金沢。
なかでも能楽は、茶とともに武士の嗜みとして手厚く保護育成され、のちに「加賀宝生」と称されるほど広く浸透しました。
明治維新による幕藩体制の終焉は一時の衰退をもたらしましたが、加賀宝生中興の祖・佐野吉之助ら市民の尽力により「謡が降る街、金沢」の伝統が受け継がれました。
当館はそれらをコレクションの母体とし、以来、貴重な能楽資料の収集・保存・展示を重ねています。
役柄のエッセンスを凝縮させた究極の造形美を示す能面をはじめ、染織技術の粋を極めた絢爛豪華な能装束など、日本が誇る能楽文化の美意識を感じていただければ幸いです。


会場:金沢能楽美術館(石川県金沢市広坂1丁目2番25号)

開館時間:10:00~18:00 (入館は17:30まで)

休館日:月曜日(但し休日の場合は翌平日)、展示替期間

入館料:一般・大学生310円、
    65歳以上・障がい者手帳をお持ちの方及びその介護人210円、団体(20名様以上)260円 
    ※高校生以下は無料。

問い合わせ先:TEL 076-220-2790

※マスク着用の上、ご来館ください。当館の新型コロナウイルス感染拡大防止対策については、ホームページ(https://www.kanazawa-noh-museum.gr.jp/event/5190)をご覧ください。
※新型コロナウイルス感染予防・拡散防止のため、予告なしに中止させていただく場合がございます。予めご了承ください。