logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

金沢能楽美術館 イベント

イベント・行事名
金沢能楽美術館企画展 花の風姿 ―能を彩る植物Ⅲ― Treasures from the Kanazawa Noh Museum
会期
平成30年4月14日(土)~平成30年9月24日(月・振)

※休館日 毎週月曜日(但し、祝日の場合はその次の平日)
※5月1日(火)、8月13日(月)は特別開館
※展示替休館日 7月10(火)~13日(金)
開催中
詳細
「時分の花、年々去来の花、めづらしき花、無上の花、幽玄の花、……まことの花」
世阿弥は能における美の本質とその在りようを、「花」の姿にたとえました。
そして能には世界の演劇の中でも珍しく、松や梅、桜、藤、柳といった植物の精を主人公とした演目があります。
草木成仏という日本独自の仏教解釈をもとに、植物の精が法華経の功徳で成仏するストーリーや、植物の精が神や仏の化身である話など、美しく夢幻的な世界が、自然と一体となって展開されるのです。
能装束や扇を彩る華麗な花文様から、神、男、女、狂、鬼、多様な能面に宿る心の花、そして植物の精が誘う幽玄世界まで、能の理想美である「花の風姿」を感じて頂ければ幸いです。
主催 金沢能楽美術館[(公財)金沢芸術創造財団]