logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

行きたい施設一覧
行きたい施設一覧

金沢市立安江金箔工芸館 イベント

イベント・行事名
令和3年度特別展「金属工芸2021」
会期
2021年10月16日(土)~2021年12月5日(日) 開催中
詳細
1.開催趣旨

紀元前から人類は、金、銀、銅、隕鉄などの自然金属を採取し、これらを加工·製品化して生活に組み込んでいた。「金工」の発達は、人類の歴史と深い関わりを持ち続けながら現在に至っている。
日本の「金工」は、すでに古墳時代には副葬品などにおいて独自の美術工芸的側面を持ち、その流れは、仏教伝来により加速し、平安中期には意匠などにおける和様化が確立した。
近年の金属工芸では、金、銀、鉄といった古くからの自然金属素材と青銅、白銅、真鍮などの合金、更にプラチナ、アルミニウム、ステンレス鋼など、さまざまな金属が素材として用いられている。
この展覧会は、高度な金工技術を駆使し先端的な芸術表現を探求する現代金属工芸作家を紹介し、伝統工芸、現代美術の両面から、わが国の「金属工芸」の現況への理解を深めようとするものである。


2.主な展示作品

・流線文平丸釜 /角谷 勇圭(2013)
・象嵌朧銀花器「南島の朝」 /中川 衛(2013)
・「景」 /原田 武(2020)
・『暁』 烏 /本郷 真也(2017)