logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

金沢市立安江金箔工芸館 イベント

イベント・行事名
令和元年度冬季展「冬の美術工芸」( Japanese Arts & Crafts in Winter )
会期
2019年11月30日(土)~2020年3月8日(日) 開催中
詳細
◆開催趣旨
古くからの日本の美術・工芸は、大陸からの影響を受けながらも独自の発展を遂げてきました。
現在まで残されている絵画、彫刻、工芸などの作品を見ると、その時代の日本人の生活や自然環境、信仰、風俗、文学、歴史などがモチーフとされ、それらを巧みに作品に取り込みながら高い美術性を追い求めています。また、四季ごとの変化が楽しめるのも日本の美術・工芸の特徴です。
今回の展示では、日本の冬をテーマとして、正月、桃の節句などの年中行事に関わる作品や江戸から昭和期にかけて、日本人の生活とともに親しまれてきた美術工芸品を展示し、往時の日本人の美意識を探っていきます。

◆主な展示作品
1源氏物語図屏風 (げんじものがたりずびょうぶ) 土佐光成 江戸時代
2五三桐舟中手焙り(ごさんきりせんちゅうてあぶり)作者不詳 江戸時代
3ダイヤモンドダスト 山本栄子 平成元年