logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

石川県立美術館 イベント

イベント・行事名
企画展「いしかわのおもてなし-屏風絵などの調度を中心に-」
会期
2020年1月4日〜2月11日 開催中
詳細
本展は、オリンピック・イヤー、2020年の開幕を飾る展覧会として開催されます。

 日本には、祇園祭を起源として、江戸時代から町屋の一角を開放し、おもてなしとして誰もが自由に見ることができるように秘蔵の屏風や工芸品を飾る、「屏風祭」の風習があります。屏風によるおもてなしには、その可動性によって、ハレの空間が容易に現出するという屏風の特質が深く関わっています。屏風とは、風を防ぐという意味ですが、正倉院宝物から、奈良時代にはそうした実用性以上の、美的価値が追求されていたことを確認することができます。特に、書院造建築が発展した室町時代以降、固定化された襖絵に対する屏風の自由度から需要が一気に拡大し、やまと絵系、漢画系の絵師らが競って様々な場に適応できる屏風絵を制作しました。

 本展は、この「屏風祭」の伝統を踏まえて、室町時代から昭和初期までの時代から屏風の優品を選びました。第7展示室は、やまと絵系、琳派の作品、第8展示室は、漢画系、狩野派から折衷派の岸駒まで、そして第9展示室は近代石川で活躍した日本画家の作品などを展示します。
新春のおもてなしとして、屏風と、関連して展示する工芸作品は、吉祥的画題や意匠を主体としています。これらの作品が醸し出す、おめでたい雰囲気をご堪能いただければ幸いです。