logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

金沢21世紀美術館 イベント

イベント・行事名
内藤礼 うつしあう創造
会期
2020年6月27日(土) - 2020年8月23日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は10:00〜20:00)
展覧会終了の期日は今後変更になる場合があります。
詳細
日時指定の観覧券でゆったりと内藤礼の世界を鑑賞
金沢 21世紀美術館は、本展に限り日時指定入場制を導入します。事前予約によって待ち時間 を緩和するとともに、入場時間枠ごとに観覧券の数量を限定することで、ゆったりと流れる時間 のなかで内藤礼の世界を堪能していただけます。また、金曜、土曜は夜間開館により夜 8 時ま で展覧会場がオープンしています。

小さなひとが立ち、水が落ちるところに大地が広がり、糸やリボンが揺れるときに風が生まれ、ビーズやガラスが光をまねき入れる――内藤礼は、空間と対話しながら自然のエレメントや繊細なモチーフを組み合わせ、またカンヴァス上に淡い色彩を重ねることで、根源的な生の光景を出現させてきました。
このたびの個展では、『「人(わたし)が作る」を超えること』を問い続けてきた作家が、はじめて「創造」と向き合います。それは人が自らを主体であると認め、人になろうとする行為だと作家はいいます。人と自然、わたしとあなた、生と死、内と外、そして人と作品のあいだに生じる移し、写し、映し、遷し。「うつしあう」両者のあいだに顕われる生気、慈悲、それらとの一体感のうちに、生へと向かおうとする「創造」の瞬間が見出されるのです。
会場となるのは、大小さまざまな展示室や光庭、それをつなぐ通路によって構成される空間。日中は天候や時間によって変化する自然光がその空間を満たし、夕刻になると明かりが灯ります。そこにはどんなにささやかであっても作家の手による創造があり、それを見て、感じる人の創造と共鳴することによって、ひとりひとりの認識が解放されてゆきます。訪れる人は、通路と展示室、生の内と外を行き来し、見ることと見られることを繰り返しながら、生のヴィジョンをつかんでゆくことになるでしょう。