Categorized | 2.施設紹介

泉鏡花記念館

Posted on 2010年6月15日

幻想的な文学世界に誘う

文豪・泉鏡花の記念館は、名作『照葉狂言』の一節にも書かれた古い家並みが残る生家跡にあり、入り口には俳画家・小松砂丘の書による「泉鏡花先生出生之地」の碑が立っています。

写真:泉鏡花

土蔵や町家造りを生かした館内では、遺品や遺稿の展示をはじめ、代表作がジオラマなどで紹介され、美しく幻想的な
鏡花文学を垣間見ることができます。

そばには幼いころの鏡花の遊び場だった久保市乙剣宮があり、境内から「暗がり坂」を下ると茶屋街の主計(かずえ)町に抜けられます。

 

催しをチェック泉鏡花記念館イベント

 

■開館時間

9:30〜17:00(入館は16:30まで)

 

■休館日

年末年始(12月29日~1月3日)
展示替期間

※詳細は公式サイトにてご確認ください。

 

■入館料

一般 300円
一般 団体(20人以上) 250円
65歳以上・障害者手帳をお持ちの方およびその介護人 200円(※祝日無料)
高校生以下 無料

 

■観覧券・パスポート

金沢市文化施設共通観覧券をご利用いただけます。

 

■駐車場

金沢蓄音器館との共同駐車場4台(記念館横)
・東山観光駐車場(有料・徒歩5分)をご利用ください。
・金沢駐車場案内(PC)(モバイル
 金沢市内駐車場の空き情報公開中

 

■バス

城下まち金沢周遊バス 「橋場町(金城樓前)」下車

 

■お問い合わせ

金沢市下新町2-3 TEL:076-222-1025

 

■公式サイト

 

石川県金沢市下新町2−3
LINEł
このページのトップへ戻る

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here
Powered by