Tag Archive | "三文豪"

室生犀星記念館 2015年 9月 イベント

Tags: , , ,

室生犀星記念館 2015年 9月 イベント

Posted on 2015年8月31日

室生犀星

室生犀星

北陸新幹線開通記念
「犀星と田端文士村」展

期間:平成27年7月4日(土)~11月8日(日)

東京都北区田端はかつて、文士や芸術家が多く暮らしていた郊外のまちでした。彼らは互いに行き来して生活を謳歌し、さながら一つのコミュニティを形成しているようであったことから、後に「田端文士村(もしくは文士芸術家村)」と呼ばれるようになりました。おもに明治末期から昭和前期のころのことです。

続きを読む

LINEł
泉鏡花記念館 2015年 9月 イベント

Tags: , , ,

泉鏡花記念館 2015年 9月 イベント

Posted on 2015年8月31日

泉鏡花

泉鏡花

企画展「鏡花と旅する金沢・石川―明治・大正・昭和を辿る」

開催期間:平成27年6月20日(土)~平成27年9月13日(日) ※会期中無休

明治23年10月の上京以降、帰郷という名の〝旅〟を通してふるさと金沢、そして石川を作品に描き出した泉鏡花。明治、大正、昭和へと移りゆく中で描かれた故郷は、幼少時代の美しい思い出に満ちた追憶の地であると同時に、鏡花が〝旅〟によって再発見し、再確認した新たな金沢そして石川の姿でもありました。 続きを読む

LINEł
徳田秋聲記念館 2015年 9月 イベント

Tags: , , ,

徳田秋聲記念館 2015年 9月 イベント

Posted on 2015年8月31日

徳田秋聲

徳田秋聲

【開館10周年記念企画展】
「芙美子と秋聲」

期間:2015年8月8日(土)~ 2015年11月30日(月)※会期中無休

作家 林芙美子は秋聲文学から強い影響を受け、またその人柄を慕い、生涯彼を心の師として仰ぎました。彼女の最も有名な自伝的小説『放浪記』のなかに、秋聲が実名で登場していることはあまり知られていません。 一方の秋聲も、代表作『仮装人物』のなかに、下積み時代の芙美子の苦しい生活のさまを書き留めています。女性が文学で身を立てるということの厳しかった時代、そこに誰よりも理解を示し、時に援助を惜しまなかった秋聲の存在は、彼女の大きな支えとなりました。

続きを読む

LINEł
室生犀星記念館 2015年 8月 イベント

Tags: , , ,

室生犀星記念館 2015年 8月 イベント

Posted on 2015年7月31日

室生犀星

室生犀星

北陸新幹線開通記念
「犀星と田端文士村」展

期間:平成27年7月4日(土)~11月8日(日)

東京都北区田端はかつて、文士や芸術家が多く暮らしていた郊外のまちでした。彼らは互いに行き来して生活を謳歌し、さながら一つのコミュニティを形成しているようであったことから、後に「田端文士村(もしくは文士芸術家村)」と呼ばれるようになりました。おもに明治末期から昭和前期のころのことです。

続きを読む

LINEł
泉鏡花記念館 2015年 8月 イベント

Tags: , , ,

泉鏡花記念館 2015年 8月 イベント

Posted on 2015年7月31日

泉鏡花

泉鏡花

企画展「鏡花と旅する金沢・石川―明治・大正・昭和を辿る」

開催期間:平成27年6月20日(土)~平成27年9月13日(日) ※会期中無休

明治23年10月の上京以降、帰郷という名の〝旅〟を通してふるさと金沢、そして石川を作品に描き出した泉鏡花。明治、大正、昭和へと移りゆく中で描かれた故郷は、幼少時代の美しい思い出に満ちた追憶の地であると同時に、鏡花が〝旅〟によって再発見し、再確認した新たな金沢そして石川の姿でもありました。 続きを読む

LINEł
徳田秋聲記念館 2015年 8月 イベント

Tags: , , ,

徳田秋聲記念館 2015年 8月 イベント

Posted on 2015年7月31日

徳田秋聲

徳田秋聲

【開館10周年記念】
日本の自然主義文学展
第三期/田山花袋「蒲団」

期間:2015年6月17日(水)~2015年8月1日(土)

 島崎藤村「破戒」(明治39年)、田山花袋「蒲団」(明治40年)、徳田秋聲「黴」(明治44年)―明治40年前後、〝日本の自然主義文学〟なるものを世に知らしめた三篇です。
 あらゆる虚飾を排し、ありのままを描くこと――自然主義の名のもと、まるで自らの皮を剥ぐかのような小説を書くことを選んだ彼らの目指したものは何なのか。その作品の魅力とは?
 この展示では、自然主義文学の嚆矢ともいうべきかの三篇を、三期にわたって順にご紹介します。
続きを読む

LINEł
室生犀星記念館 2015年 7月 イベント

Tags: , , ,

室生犀星記念館 2015年 7月 イベント

Posted on 2015年7月02日

室生犀星

室生犀星

北陸新幹線開通記念
「犀星と田端文士村」展

期間:平成27年7月4日(土)~11月8日(日)

東京都北区田端はかつて、文士や芸術家が多く暮らしていた郊外のまちでした。彼らは互いに行き来して生活を謳歌し、さながら一つのコミュニティを形成しているようであったことから、後に「田端文士村(もしくは文士芸術家村)」と呼ばれるようになりました。おもに明治末期から昭和前期のころのことです。

続きを読む

LINEł
泉鏡花記念館 2015年 7月 イベント

Tags: , , ,

泉鏡花記念館 2015年 7月 イベント

Posted on 2015年7月01日

泉鏡花

泉鏡花

企画展「鏡花と旅する金沢・石川―明治・大正・昭和を辿る」

開催期間:平成27年6月20日(土)~平成27年9月13日(日) ※会期中無休

明治23年10月の上京以降、帰郷という名の〝旅〟を通してふるさと金沢、そして石川を作品に描き出した泉鏡花。明治、大正、昭和へと移りゆく中で描かれた故郷は、幼少時代の美しい思い出に満ちた追憶の地であると同時に、鏡花が〝旅〟によって再発見し、再確認した新たな金沢そして石川の姿でもありました。 続きを読む

LINEł
徳田秋聲記念館 2015年 7月 イベント

Tags: , , ,

徳田秋聲記念館 2015年 7月 イベント

Posted on 2015年7月01日

徳田秋聲

徳田秋聲

【開館10周年記念】
日本の自然主義文学展
第三期/田山花袋「蒲団」

期間:2015年6月17日(水)~2015年8月1日(土)

 島崎藤村「破戒」(明治39年)、田山花袋「蒲団」(明治40年)、徳田秋聲「黴」(明治44年)―明治40年前後、〝日本の自然主義文学〟なるものを世に知らしめた三篇です。
 あらゆる虚飾を排し、ありのままを描くこと――自然主義の名のもと、まるで自らの皮を剥ぐかのような小説を書くことを選んだ彼らの目指したものは何なのか。その作品の魅力とは?
 この展示では、自然主義文学の嚆矢ともいうべきかの三篇を、三期にわたって順にご紹介します。
続きを読む

LINEł
室生犀星記念館 2015年 6月 イベント

Tags: , , ,

室生犀星記念館 2015年 6月 イベント

Posted on 2015年6月05日

室生犀星

室生犀星

北陸新幹線開通記念
「堀辰雄」展

期間:平成27年3月14日(土)〜6月28日(日)

 高原を舞台に清らかで美しい小説を書いたことで知られる堀辰雄。「風立ちぬ」は軽井沢で出会った恋人と富士見の療養所で過ごした日々を描いた物語です。自らも結核を病み、療養をくり返しながらも文学への静かな情熱を持ち続けた辰雄の、終の住処は軽井沢町の追分でした。本展示では辰雄の生涯とその作品、そして室生犀星との間にあった温かな絆を紹介します。
続きを読む

LINEł

TRANSLATOR


Advertise Here

注目写真(Flickr)

全ての写真を見る

Advertise Here

天気予報