logoLoading

KANAZAWA MUSEUM GUIDE -金沢よるまっし-

金沢湯涌夢二館 イベント

イベント・行事名
金沢湯涌夢二館企画展「夢二の絵葉書-デザイン・コレクション・コミュニケーションする楽しみ-」
会期
令和2年12月19日(土)~令和3年3月21日(日) 開催中
詳細
 明治33年(1900)に私製葉書が認可され、明治末期には絵葉書ブームが到来しました。詩人画家・竹久夢二(1884-1934)は、明治38年に新聞や雑誌の「コマ絵」でデビューして人気を博し、出版美術界の寵児(ちょうじ)となりました。やがて明治43年に「月刊夢二カード」、その翌年には「月刊夢二エハガキ」シリーズなど、夢二の名を冠した絵葉書が発行されます。2020年、2021年は各シリーズの発刊110年にあたるため、それを記念して「竹久家コレクション」の絵葉書を中心に展示します。

 平成30年度、当館に一括寄託された「竹久家コレクション」のうち、夢二がデザインした絵葉書は約200枚、そして主に夢二が国内外でコレクションした竹久家旧蔵の絵葉書は約1000枚にものぼります。この度の展覧会では、当館所蔵品も加えて、夢二が差し出した絵葉書や夢二宛の絵葉書などコミュニケーション手段として使用された貴重な絵葉書を厳選し、それに関連する美人画や木版画なども展示します。